2017年7月26日水曜日

お店のページ

お店のページがわからないというご連絡を頂きました。

解りにくくてごめんなさい。

こちらになります♪


 http://shop.sawando.net/

2017年7月21日金曜日

藍の生葉(茎つき)の販売をはじめました。

大変お待たせしました。
今年も藍の生葉の販売を始めました。

詳しくはブログ「きらきらひかる」でご案内の文章を載せましたので、
こちらをご覧ください。

 http://ameblo.jp/natsu-nakaya/entry-12293912078.html

2017年4月1日土曜日

残り少なくなってきました。

陽射しも強くなってきて、
突然雪だったりもするけれど、
やっぱりどんどん春♪。:*:・( ̄∀ ̄)・:*: 
  
麹も気温が上がって作りやすくなってきたし、
あ、ノカンゾウが・・・(≧∇≦) とか、
あ、ホーホケキョだって・・ヽ(´∀`。)ノ とか、
 
沢をのぞくと、葉わさびも発見( ´艸`)
 
畑や田んぼのお仕事も、ちょっとずつ始まってきましたが、
身体の方が冬モードでついていかない、そんな日々・・・。
 
そんな中、我が家の小さなねっとショップ さわんど からの報告です。

おかげさまで、昨年同様、
3月末を持ちまして、販売物はほとんど売り切れ状態になりました。

ご利用いただいた皆様、
ありがとうございました。m(_ _ )m
 
残っているのは、農産物では古代米と、
生産したものを加工してもらっている荏胡麻油と、うどん(乾麺)が、
あとちょっとずつ、
という感じです。
 
(小さな滞在者コーちゃん。滞在4日目。ずいぶんうちに馴染んでます。)

開店休業状態にしないように、もっと雑穀や豆を育てるべきか、
農繁期は、畑に集中できた方が都合がいいのか、悩みどころですが、
  
なんでもそう思うことなんですけど、

このお店も大きくすることを目標にしないで、
その年で収穫できた分、お分けできる分、という感じで、
ちっちゃく、細々と、
暮らしの一部として、
つながってくださった方とのご縁に感謝しながら、
やっていけたらと思っています。
 
 雑穀や小豆など、販売している農産物は、
味が濃い!パワーを感じる!昔食べた味がする!
などと感想をくださる方が多くて、
育てるのも食べるのも、私自身が大好きな物からのセレクションです。
今年も気持ちを入れて育てたいと思ってます。
 
 昨年度から加工場で圧搾・ビン詰めしてもらっている荏胡麻油は、
去年美味しかったから、とリピートして下さる方がいらしたり、
無農薬で国産で粒のまま熱さずに圧搾してるもの、ということで、
喜んで買って下さる方がいたり、
アレルギー体質で、いろんな油が合わないお子さんが、
これはOKでした!とうれしいメールを頂いたり・・・。
 
こうしたみなさんの声、
なによりうれしくて、
収穫後が大変な荏胡麻ですが、
これもやっぱり今年もガンバっちゃう・・・のかな(笑)
 
 引っ越しで小麦の作付けを休んで2年ぶりになった乾麺、
今年になって、お店にUPすることができました。

天然記念物のカモシカ対策には、頭を悩まされていますが、

今年の小麦の生育は、いまのところ順調で、
青々と緑の葉を茂らせています。 
今年は、年末のお店再開に間に合うように、
はやめに加工所へ発送したいと思ってます。
 
 
うちのお店のお客さんは、
ほとんどがブログを通じての方々なので、
ご注文などのやり取りの中で、ブログの感想を添えて下さる方も多くて、
この機会に直接みなさんと交流できるのは、私の楽しみの1つです。
 
考えはじめると、畑にまつわる課題や抱負はありますが、
お天気や動物達や、いろんな思いがけない状況によって、
うまくいったり、いかなかったりすることも多くて、
毎年思い通りにはいきません。
  
でもそれがまた畑の面白いところ。

これから畑シーズンに入りますが、
その日その1日でできることを
焦らず、慌てず、穏やかに、楽しみながら、
やっていきたいなと思っています。

(昨日は、我が家用の醤油搾り。 ふだんの搾りと違って1人もくもくと・・・。)

最後になりましたが、
この先のねっとショップ「さわんど」の予定を・・・。
 
去年と同じく、7月下旬から9月下旬まで、藍の生葉の販売をします。
今年は、染め方レシピも出せたらと思って準備してますので、
興味がある方、ぜひぜひチェックしててくださいね♪
 
完売した雑穀や小豆、加工品はをいつまた売り出されるのですか?
というお問合せを時々頂いています。
 
次回の販売予定は、今年の分の収穫、調整、脱穀後、ということになりますので、
はやくて、やっぱり12月ごろになります。

しばらく時間があいてしまい、大変お待たせすることになってしまいますが、
また販売を始めましたら、こちらのブログやFBでお知らせしますので、
その時は、またよろしくお願いします。m(_ _ )m
  
 

2016年12月15日木曜日

お味噌完売と、年末年始の発送のお休みについて

おかげさまで、たくさんの方々からご注文頂いています。 m(_ _ )m。
  
お味噌や梅干しの販売再開を喜んで下さったり、
畑作業のねぎらいを伝えてくれたり、

お届けのあと、
Fuの焼いた(どんぐりこ)ハマりました。今食べながらメールしてます、
と、実況中継して下さったり、
お味噌が美味しくて感動しました、と連絡をしてくださったり、

この機会に
私達家族の暮らしのスタイルや子ども達の成長の様子を
共感したり、応援してくださっている気持ちを伝えて下さる方もいらして、
  
こうした直売ならではのやりとりは、大変励みになっていて、
また楽しませても頂いています。



 さてお店の方ですが、すでにお味噌は完売しました。
販売再開は、来年の12月となります。

雑穀も残りが少なくなってきていて、
お餅も餅米の袋数を眺めながら、カウントダウンに入ってきました。
藍染め商品も残りわずかとなっています。
  
年末年始はご注文は受け付けていますが、
12月29日から1月3日まで、発送の方はお休みにさせて頂きます。

2016年12月13日火曜日

お店再開してます♪

こちらでの投稿が、すっかり遅くなってしまいました。

12月1日より、お店が再開しています。
 

今年は、去年の農産物に加えて、
私達がふだん食べているお味噌や梅干しなどの発酵食品や加工品も出しています。
 
その他に、刺身で食べられる自家製こんにゃくや、

どんぐりが入ったクラッカーや、

 (どんぐりを石臼で砕いているところ)

夏の間に染めた、藍染め商品も♪
(こちらはすでに残りが少ないのですが・・)


人気のエゴマ油も、搾りたてでお届けします♪


お店を覗きたい方は、こちらをクリック♪➡さわんどショップ

2016年9月17日土曜日

藍の生葉(茎つき)の販売、そろそろ終了します。


藍の生葉の販売についてのお知らせです。
 
まもなく終わりに近づいている2回目の刈り取りに伴い、
販売の方を、終了させて頂きます。

販売の再開は、来年7月終わりからとなります。
 



 今年初めて販売させて頂き、
想像していた以上にたくさんの方々よりお求め頂くことができました。
ありがとうございました。
  
また、生葉をご利用いただいたあと、
ご感想や、完成作品の写真を送ってくださる方もいらして、
大変うれしかったです。




藍の生葉の利用の仕方も、
みなさんそれぞれで、

生葉染めをはじめとして、
乾燥させて使われた方、
泥藍を作った方、
学校の授業で使って下さった先生も数名いらっしゃいました。
葉を取ったあとの茎から、さし芽をして、
また葉を上手に茂らせた方もいらっしゃいました。


染めたものも、
Tシャツや手ぬぐい、かばんや
糸を染めた方もいらっしゃいました。

ご感想の中には、
色素がしっかりある元気な藍葉ですね、と褒めて頂いたり、
お子さんと楽しく染めることができました、と、
藍染めを楽しんでくださった様子を書いて下さった方もいらっしゃいました。


私の趣味で始めた藍の栽培が、
このような形でみなさんの手に渡り、
ご家庭や学校で楽しんで頂けたこと、
大変うれしく思っています。


今シーズンの販売は、もうすぐ終了となりますが、
また来年、
みなさんのお手元に藍をお届けできたらと考えています。

ありがとうございました。













2016年7月1日金曜日

藍の生葉(茎つき)の販売を始めます。(販売期間 7月下旬~9月)


 ★こちらは2016年の投稿記事ですが、2017年現在も藍の生葉の販売をしています。
 
  お店のサイトはこちらになります。

   http://shop.sawando.net/


販売できるものの在庫がほとんどなくなってしまったので、
 とても久しぶりの投稿になります。

 ここ数年、夏の間に、
自宅で無農薬で藍を育てて、
家族や自分が染めたいものを染めています。

畑の合間の時間のお楽しみタイム♪

昔から日本で使われてきた藍の染物は、
暮らしに馴染んだ色として、
小物であっても、気持ちを和ませてくれます。

この気持ちをいろんな方と共有できたらと思って、
今年から、主に藍染めに使う藍の生葉(茎つき)の販売を始めることにしました。



以下、ご案内の文章となります。

なお、こちらで紹介させて頂くのは、藍染めの方法ではなく、
あくまで藍の生葉が欲しい、と思われている方が対象となります。

また使っている写真は、生葉染めではなくて、
藍を発酵させて染める方法で自宅で染めたもので、イメージ写真です。

生葉染めでは、色はこれより薄くなります。






<無農薬無化学肥料で育てた「藍の生葉」を、直接ご自宅にお届けします。>

藍染めのキッドは染料店などで販売されていますが、
藍の生葉は、栽培していなければ手に入れることが難しく、
染物教室、ワークショップなどのイベントに申し込む以外で、
なかなか体験できる機会がありません。

藍の生葉があれば、ご自宅でも気軽に藍染めが楽しめます。


この機会に「藍」を暮らしに取り入れてみませんか?

◎生葉染めをご自宅で気軽にやってみたい方♪

 藍染めをしたいけど、藍の葉が手に入らない。
 教室で染めた経験を、自宅でも再現したい。
 藍を育ててみたけど、失敗してしまった・・・そんな方に。

◎親子で藍染めを楽しみたい方♪






  お子さんの夏休みの自由研究の教材にいかがですか?

 うちの子ども達を見ていても思うことですが、
 こんな葉っぱから、美しい青色が染まる経験ができるのは、
 お子さんにとって、リアルで楽しい思い出にもなるでしょう。


◎お茶や食材として使うために、石鹸に入れるために
 農薬不使用の安心な藍葉を求めている方♪

 藍のもつ成分は、いろいろと研究されているようです。
 オイルに成分を抽出させて、お肌のケアに使う方や、お茶に加えて藍を楽しむ方も
 方々に増えてきました。
 

◎生葉より、乾燥させた葉を使った染めをやってみたい、
 という方♪

 乾燥葉を使ってすくもを作ると、より濃い染めを楽しむことができます。
 実際にはたくさんの生葉の量がいりますが、
 チャレンジしたい方もいらっしゃると思います。

 (注)乾燥葉の重さは、生葉のみの重量の1/10まで減り、茎の重量は含まれません)




私自身、そういうわくわくする藍への気持ちを経ているので、
こうした気持ちを抱いている方はとっても共感(≡^∇^≡)


そんな思いのある方々に、
我が家の畑で育てている藍の生葉を、
ご自宅に直接宅配します。




○藍お生葉の利用や、藍染めの方法については、
 さまざまなサイトや本に丁寧に掲載されているものがたくさんありますので、
 そちらを参考にしてください。

〇目安として藍の茎葉1キロほどから採る生葉で、「生葉染め」であれば、
 シルクのストール、2~3枚、
 もしくは綿のストール1~2枚    くらいが目安で
 染められます。

○生の藍葉は、生葉染めの他、泥藍、叩き初めなどで染めを楽しむことができます。
 また、手間暇はかかりますが、生の葉を乾燥させて、自宅で藍建てをすることもできます。
 

<販売時期>   2016年7月下旬、もしくは8月下旬から9月にかけての一斉収穫の期間
 

<送料> 郵便局の配達料金となります。
 




 

さわんどのネットショップで販売・予約を始めるのは、
7月半ば過ぎてからとなります。

 http://shop.sawando.net/




 
準備ができましたら、またご連絡しますので、
しばらくお待ちください。